チャンピオン

弱虫ペダル最新刊(75巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『弱虫ペダル』の最新刊(75巻)のネタバレとなっております。

段竹が優勝した峰ヶ山ヒルクライムレースから数日後、元自転車部の川田と桜井が鏑木と段竹に絡んできた。

 

イヤミを言う川田に、鏑木のおバカぶりが炸裂して全然通じていなかったが、段竹と坂道の悪口を言われ、、、、

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

 

 

弱虫ペダルの最新刊(75巻)のネタバレ

部室では、どれだけ段竹と坂道の悪口が頭にきたかを杉元に熱弁する鏑木。

そんな時、川田と桜井が自転車部に再入部してきて、坂道は快く入部を認めた。

 

しかし、川田は出戻りながら1年生に自分たちの世話と、「気安く指図するなよ?」と先輩風を吹かせてきた。

扱いに困る1年生たち。

 

練習メニューは決まっているので、自転車部はそのまま練習へ。

鏑木は川田たちを口先だけのマウントとりたい野郎と思っていたが、川田はテニス部・桜井は野球部で2年間やってきている。

 

体の基礎ができているため、鏑木は2人が泣きを見せると予想していたが、まんまと予想が外れ巡航速度に付いてきた。

坂道・今泉・鳴子・段竹のA班は峰ヶ山に入ると、全力のヒルクライムへ。

 

その他は、B班となり杉元の指示に従って中強度で登ることになる。

そして、他のメンバーたちが遅れていく中、川田と桜井はB班で先頭を走る鏑木と杉元に追いついてきた。

 

驚く2人。

そして、川田は練習を「退屈」と言い、レギュラージャージを賭けて杉元へ峰ヶ山の頂上までの勝負を挑んできた。

 

川田が勝てば杉元のレギュラージャージを譲り、杉元が勝てば川田は今後新入部員らしく皆を敬う態度をとることを条件に出した。

杉元が先行して坂を登って行くが、川田も1歩も譲ることなく隣に並んでくる。

 

それどころか、杉元に勝つ気迫をそのままに、先行して杉元をつき離す。

しかし、残り3kmで杉元が追いついてくる。

 

驚く川田に杉元は「練習のたまものだよ‼︎」と言い放つが、川田は2年前の1年生レースで許せないことがあった。

川田は1年生レースで最下位(リタイアの坂道は抜きにして)だった。

 

この時に、杉元が川田に放った言葉は「お気の毒に」。

この時から、川田は杉元に恨みを持ち続けていた。

 

レース中でも謝る杉元だったが、川田は杉元を許すつもりがサラサラない。

むしろ、この勝負に勝って杉元に100倍で仕返ししないと気が済まない。

 

その気持ちが強いせいか、川田は右カーブの内側を走ってしまう。

レースなどの閉鎖されていない公道で右カーブの内側を走れば、対向車と事故を起こす可能性がある。

 

そのため、川田も2年前に1番最初に教えてもらった鉄則でもある。

声を荒げて注意する杉元。

 

そんな杉元の注意を気にすることなく、再び川田は右カーブの内側を走る。

直線と左カーブでは杉元に詰められるが、右カーブで内側を走る川田と外側を走る杉元では差が開く。

 

何度注意しても、杉元に勝ちたい川田は右カーブの内側を走り続ける。

そんな川田に負けるわけにはいかない杉元だが、右カーブの度に差を空けられジリ貧の杉元。

 

ゴールまで最後の直線で前に出た杉元だったが、繰り返してきたダッシュの代償で残り30mを踏み込むことができず、川田に僅かな差で敗けてしまった。

勝利の雄叫びをあげ、うなだれる杉元に「お気の毒だよ」と言い放って嘲笑う川田。

 

頂上まで登ってきた鏑木は、杉元に「不正でしょ」と声をかける。

今までの杉元の頑張りを知っている鏑木は、川田が不正したことを見抜いていた。

 

殴ってでも川田の不正を暴こうとする鏑木だったが、杉元の「自転車で変えるしかない」の一言でなんとか踏みとどまった。

翌日から、川田はレギュラージャージを纏い、学校中に見せびらかす。

 

女子が騒ぎ、周りがザワつく。

総北高校において、自転車競技部のレギュラージャージの力に笑みが止まらない。

 

そして、鏑木は杉元と川田のレースを不服として、今泉に川田を辞めさせるよう直談判。

しかし、今泉は鏑木の直談判を聞き入れてくれなかった。

 

悔しくてたまらない鏑木。

最後に鏑木は「あいつ、近いうちに小野田さんに何かしますよ!」とも忠告し、今泉はこの言葉に少し反応を見せた。。

 

鏑木の忠告通り、川田は再来週の日曜日に坂道をサイクリングに誘う。

サイクリングに誘ってくれて喜ぶ坂道を背に、「ちょっとした勝負なんかも挟みながらよ」と暗い笑みを見せた。

 

弱虫ペダルの75巻を無料で読む方法

弱虫ペダルの最新刊75巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が川田と杉元の勝負の迫力と面白さが段違いですね。

 

『U-NEXT』では登録直後に600Point貰えるので、すぐに600円分までのコミック1冊が無料で読めます。

また、1,200円分のポイントを超えて購入する分は、40%のポイントバック(実質4割引き)!!

 

\弱虫ペダルを無料で読む/

 

まとめ

川田の野郎ムカつきますよねー!!

杉元が勝つって思ってたのに、まさか負けてしまうなんて(泣)。

 

でも、言い訳をしない杉元の男気は滅茶苦茶カッコイイです!!

俺だったらソッコーで、川田の不正を訴えますよ。

 

ただ、今泉たちも何か気付いて川田を泳がせてるんでしょうか??

それとも、小野田が天然でサイクリングの時に現実を見せちゃう系でしょうか?

 

早く川田に大どんでん返しが来るところを見たいッス。

興味ある方は、ぜひ!!!