チャンピオン

烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッの最新刊(3巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ』の最新刊(3巻)のネタバレとなっております。

 

森の中の野営地で、大勢のゴブリンに襲われるラウリー(リンキン領次期当主)とカレン(従者)に遭遇した烈。

ゴブリンたちの相手をする烈だが、、、

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

 

 

烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッの最新刊(3巻)のネタバレ

ラウリーたちの心配をよそに、中国武術でゴブリンたちを蹴散らしていく烈。

しかし、あまりにも多いゴブリンたちに取った戦法は、ゴブリン自体を武器にする方法。

 

これは地上最大の親子喧嘩の際、勇次郎が刃牙を振り回した『ドレス』。

ここからヒントを得た戦法で、烈は「ゴブリンヌンチャク」と名付けた。

 

ゴブリンでゴブリンを叩きのめし、使えなくなったら次のゴブリンをヌンチャクにして、叩きのめす。

その圧倒的な烈の武力はラウリーにはあまりに神々しく見え、「一族に伝わる、世界を厄災から救う伝説の転移者」と確信した。

 

ゴブリンを倒した烈はラウリーとカレンを野営地に招き、狩ってきた猪のようなモンスターの肉を振舞った。

そして、ラウリーは自分たちと国の現状を烈に告げる。

 

ラウリーの父親が治めるリンキン領は危機的状況にあり、国軍の派遣を依頼する旅の途中だが、圧倒的武力を持つ烈に救ってほしいと頼んだ。

しかし、烈は未知なる強敵を求める旅の途中であることを理由にラウリーの依頼を断った。

 

しかし、リンキン領を危機的状況に陥れている相手が「オーガ」と言われていることに興味を示した烈。

そこへ、先ほどのゴブリンの生き残りが現れた。

 

このゴブリンは人間の言葉を話すことができ、オーガはあまりにも強く・人間を喰うバケモノということを教え、烈を焚き付けようとした。

ゴブリンが自分に媚びへつらい・煽て・煽り、敵同士をぶつけて高みの見物を決め込もうとする態度だけは気に入らない。

 

しかし、現実世界で何度も勇次郎と顔を合わせながら、闘う機会を持つことができなかった烈。

オーガと闘う機会はなく、また人を喰らうピクルとの戦闘は経験済み。

 

烈は1度断ったラウリーの願いを聞き入れ、一緒にリンキン領へと向かうことにした。

烈・ラウリー・カレンがリンキン領へ辿り着くと、父親である領主や国民たちは大いに喜んだ。

 

が、ラウリーが連れてきたのは国軍ではなく、烈ただ1人。

どこの馬の骨かも分からない烈を連れてきた息子に対し、領主は激怒して持っていた杖で何度も殴りつけ・国民たちは落胆した。

 

それらの一部始終を見届けた烈は領主に違和感を感じながら外に出ると、ちょうどオーガがリンキン領に現れ人々を襲い始めたところだった。

悲鳴と血の匂いを辿って行くと、水場近くで人を解体するオーガを発見。

 

と、同時に烈を森で焚きつけたゴブリンも烈たちを発見。

そして、まず最初に違和感に気付いたのはゴブリン。

 

オーガは通常喰べる分しか人を狩ることはないのに、喰わずに解体をしている。

何か別の目的があることに、ゴブリンは息を呑む。

 

烈はオーガの前に立つと振り下ろされる拳を受け止め、足を払いオーガの顔面蹴りをモロにぶち込んだ。

人間ならば即死の威力だが、オーガは難なく立ち上がってきた。

 

烈はオーガが立ち上がったことに驚きはせず、顎に4連撃を喰らわせて脳を揺らした。

が、オーガはよろけただけで、爪を食い込ませるほど烈の両肩を掴んだ。

 

流血しながらも、ピクルとの闘いを思い出し笑みが溢れる烈。

ピクル戦の経験を活かしてオーガに中国武術で攻撃すると、刃牙をマネるように鞭打をお見舞いする。

 

何発もの鞭打をくらい後退りしたオーガだったが、身体中から角を生やして災害級戦闘形態(ガチギレモード)へと変身した。

その異形の姿を見ても、「漸く、異世界らしくなってきたじゃないかッ」と冷や汗と笑みを浮かべ、烈は拳を構えた。

 

烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッの3巻を無料で読む方法

烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッの最新刊3巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が烈VSオーガの迫力と面白さが段違いですね。

 

『U-NEXT』では登録直後に600Point貰えるので、すぐに600円分までのコミック1冊が無料で読めます。

また、1,200円分のポイントを超えて購入する分は、40%のポイントバック(実質4割引き)!!

 

\烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッの3巻を無料で読む/

 

まとめ

3巻も読み終わった感想は、「やっと異世界らしくなってきた」と烈と同じ感想でした(笑)

実はリンキン領主は何か隠している雰囲気で、烈は何かに気付き始めています。

 

しかも、喰うためじゃなく人の身体を解体し続けるオーガ。

まるで、人を無惨に殺す練習をしているかのよう。

 

少し伏線が出始めてきて、4巻が既に気になります。

興味ある方は、せび!!!