ヤングアニマル

3月のライオン最新刊(15巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『3月のライオン』の最新刊15巻のネタバレとなっております。

先生たちの将棋大会を途中で抜け出し、ひなの待つ高校の学園祭へ急いで向かう零。

 

なんとか間に合った零を見て、駆け寄ったひなは階段で足を挫いて、、、、

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

 

3月のライオンの最新刊(15巻)のネタバレ

ひなが取り置いてくれてた和菓子を食べることができた零。

ひなは足が腫れてきていたが、後夜祭のファイヤーパーティがどうしても見たくて零に腕を組んでもらいながらグラウンドへ。

 

そんな2人の姿を見て、まだ付き合ってないことが信じられないつぐみと杏奈。

零とひなを見守るべく、ファイヤーパーティまで尾行することに。

 

また、文化祭から絡むことになった小池と山下も、零が彼女(ひな)を連れていたことから「裏切り者」と悪態をついて撤退していった。

「彼女」ということを訂正したいひなだったが、零は「ひなちゃん君が好きだよ」とその場で告白した。

 

誠二郎(ひなたちの父親)の問題の時、零はひなとの「結婚」という言葉を口にするも、ひな自身からはお芝居でのことと思われていた。

しかも、零はそれで自分がひなのことが好きだということが、伝わっていると思っていた。

 

「結婚」というキーワードを聞いて、盛り上がってくる尾行中のつぐみと杏奈+小池と山下。

今まで「結婚」とは口にしていたが、実は「好き」とは言ってなかったことをひなに言われて初めて気付いた零。

 

改めて、ひなに「好き」と伝えようとするが、友達だけでなく零たちの周りにいる生徒たちが、2人のやりとりにときめきながらずっと聞き耳を立てていた。

そのことに気付いて移動した2人は、グランドの端に座り大きく昇る炎を見ていた。

 

話しは変わって、獅子王戦。

B級2組の野火止あづさ(21歳)は、対局のため千駄ヶ谷に向かっていた。

 

対局の相手は零。

零と二階堂が現れるまで、期待の新人と言えばあづさであり、周りからの注目も高かった。

 

自分には天から与えられた力があると思っていたし、「高校生棋士誕生」と騒がれていた。

古参の棋士からも「最近の若いモンは」と言われながらも、自分を恐れる目は快感だった。

 

しかし、零と二階堂の台頭とともに、あづさのことは「勢いが消えた若手」「元王子」などと言われることとなる。

もちろん、あづさの周りに群がっていたマスコミや信者たちは、2人を新しいヒーローとして去って行った。

 

それから、あづさは将棋の勉強に没頭した。

自分のことは「天才」で、零のことは「秀才」だと。

 

零のことを研究し尽くしたあづさは、対局で揺さぶりをかけてくるが、零ももちろんのこと色々と研究している。

零の予想だにしなかった一手で、自分の努力がまさに徒労に終わったことに脳内がお花畑になるあづさ。

 

しかし、無駄な努力も人が通りたがらない険しい道も、あづさは自ら進んで勝ち取りたい。

そんなことを脳内で思っていたら、あづさは対局中だというのに下着以外全部脱いでしまっていた。

 

あづさの攻めが、今まで勉強したことがない領域に踏み込んだことを悟った零。

そんな時、零は真っ暗な部屋に迷い込んだ錯覚に陥る。

 

一欠片のヒントもなく、全て自分の判断だけを頼りに、決めて進む場所。

そうやって進めた対局は、あづさから勝利を掴むことに成功した。

 

が、感想戦で激しく自分に腹を立てているあづさを見て、零は「負の匂いは皆無だった」と思った。

対局の後、ひなに呼ばれて川本家でシチューを食べた零は、ようやく緊張から解放されて深く息をすることを思い出した。

 

そして、次の対局の日。

零の次の相手は、あづさの師匠である田中太一郎 7段。

 

50歳を超えて尚、自分の将棋を変えて調子と強さを上げて来た相手。

そんな田中の将棋の研究中、零は「カッコイイ」と憧れた。

 

序盤から田中の攻撃に出鼻を挫かれた零。

そして、そんな2人の対局は、会長たちも注目するレベルだった。

 

田中は2人の息子がいるが病弱で、奥さんも編集者として働いていたことから、決して将棋に集中できた環境とは言えない。

それでも棋士として生き残り、さらに最近は強さを増している。

 

原因は、病弱だった息子2人が高校生と大学生となり、将棋に集中できるようになったから。

零は自分のことで精一杯で頑張っていたと思っていたのに、自分以外のことを背負った田中の姿を見せつけられた。

 

そして、あの真っ暗な部屋に早くも辿り着いてしまう。

その後、パニック状態のまま、真っ暗な迷路を無様に闇雲に走り回るようになんとか手を出し続けた。

 

真夜中、2人はボロボロになりながらの決着を迎えた。

結果は零の勝利だったが、「こんなに怖い勝ち方ははじめて」と思った。

 

後日、零は順位戦の対局で敗北し、今期昇級はかなり苦しくなった。

そんな時、田中に呼び止められて居酒屋で感想戦をじっくりやった後、零は若き日の父親の話しを聞かされた。

 

それは、自分の知らない父親であった。

最後に「本当によくがんばったんだな」と、背中に触れた田中の手が温かくて、父親のことを思い出していた。

 

再びひなに電話で呼ばれ、もんじゃ屋に行ってみると川本姉妹と林田先生の姿が。

「もんじゃが食べてみたい」と言う林田先生のリクエストで、皆で食べに来ていた。

 

もんじゃを4人で囲む。

そんな中、零は失くしたもの・手に入れたもの・失くしたくないものを思い出していた。

 

3月のライオンを無料で読む方法

3月のライオンの最新刊15巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方がキャラの魅力と面白さが段違いですね。

 

『U-NEXT』では登録直後に600Point貰えるので、すぐに600円分までのコミック1冊が無料で読めます。

また、1,200円分のポイントを超えて購入する分は、40%のポイントバック(実質4割引き)!!

 

\3月のライオンを無料で読む/

 

まとめ

この記事で見ると、あづさはかなり堅物のように捉われるかもしれませんが、なかなか面白く描写されていてあづさが一気に好きになります。

また、田中さんは心に話しかけてくるキャラとして、今まで面白おかしく見せてもらってましたが、バックボーンを知ると感動ものです。

 

そして、ひなは零が自分のことを好きだと認識しました。

これから、ひなはどうするのか?

 

ひなの存在は零にどのように影響を与えていくのか?

零は人間として・棋士として、どう成長していくのか?

 

興味ある方は、ぜひ!!!