ジャンプ

るろうに剣心北海道編 最新刊(6巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編』最新刊6巻のネタバレとなっております。

剣客兵器 於野冨鷹との決着もつき、握手のために左之助が差し出した。

 

左之助の手を握ろうとした瞬間、剣客兵器の霜門寺に粛清の名の下に右腕を斬り落とされてしまい、、、、

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

 

るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編 最新刊6巻のネタバレ

右腕を斬り落とされながらも反撃を試みる冨鷹だったが、左腕も斬り落とされ致命傷を負わされてしまった。

霜門寺を追いかけようとする左之助の前に於野冨鷹が立ち塞がり、「知り得るコトであれば全て答えよう。問え」と言ってきた。

 

左之助は剣客兵器の本陣の場所を問うが、冨鷹にも分からない。

本陣で産まれた子供は、北海道のさまざまな場所に振り分けられ厳しい修練を受ける。

 

その5%は剣客兵器に、10%が諜報や工作に従事し、残りの85%は何物にも成らず死んでいくと。

本陣の地を踏むことができるのは、剣客兵器の僅かな者だけ。

 

ただ、本多雨読が追いかけていた「陣抜けの男」なら知っているかもという情報を得た。

そして、命が尽きそうな時、左之助は「遺言は?」と尋ねると「函館に気をつけろ」と残して冨鷹は事切れた。

 

一方、観柳と阿爛は本多雨読の書・裏・剣からなんとか身を守り切って、雨読の弾(紙)切れを待ち、観柳はライフルを撃つが書・裏・剣に止められてしまう。

書・裏・剣は一見神のようだが、アルミニウムに特殊な蜘蛛が吐く強靭な糸が編み込んである特別製。

 

雨読は「土下座をして許しを乞い、稼いだ金を全て差し出せば命は見逃してやる」と観柳に言った。

歯軋りをして、雨読を睨みつけることしかできない。

 

阿爛は現状を打破するため、物資天幕から火薬樽を持ち出しあたり一面に火薬をバラ撒いた。

雨読の書・裏・剣の金属と火薬が鋭く衝突すれば、爆発する。

 

そうなると、雨読も手が出せなくなり、場が膠着状態になって剣心たちが来るまでの時間稼ぎができると考えた。

しかし、阿爛の考えとは裏腹に雨読は書・裏・剣で攻撃してきた。

 

阿爛は顔を切り裂かれ、また爆発もしない。

アルミニウムは鉄と違って火花も出ないため、粉末にしない限り爆発することはない。

 

アルミニウムの存在は知っていても、知識まで足り得なかった結果だった。

ここで、明日郎と剣心が阿爛たちの元へ到着。

 

すると、観柳は「負けましたー!!!」と、土下座をしながら命乞いをした。

この姿を見て、剣心は「金の亡者の成れの果て」と言ったが、観柳は剣心に助けてもらうくらいなら本物の亡者になる方がマシと考えていた。

 

闘う覚悟と金を稼ぐ覚悟。

阿爛は無限刃を抜くように明日郎に指示すると、宙に舞う火薬に引火して大爆発。

 

剣心は自分で、阿爛と観柳は天幕で爆発を回避し、明日郎だけまともに巻き込まれたが無事。

雨読もダメージを喰らいながらも無事だったため、阿爛と観柳が武器になりそうな物を探すと懐かしいものが出てきた。

 

それは、剣心との闘いでも観柳が使用した、愛すべきガトリングガン。

雨読は赫力を使い書・裏・剣を、観柳はガトリングガンを乱射。

 

ガトリングの弱点は連射ゆえの弾切れの早さだったが、阿爛が弾倉を補充することでカバー。

雨読を倒すことに成功した。

 

自分の中にある劣等感を全て打ち砕いてくれるガトリングの快感に酔いしれる観柳だったが、「違法」ということでその場で別れを告げた。

雨読を柱に拘束した後、阿爛に一緒に金稼ぎをしようと誘った観柳。

 

しかし、「明日郎と旭が一緒でなければ」とキッパリ断られた。

また、四乃森蒼紫が北海道にやって来ると知った観柳は、急いでその場を後にしようとした。

 

が、拘束されていた雨読は縄を切って脱出。

観柳を殺そうとするものの、走る観柳が火薬樽を蹴り上げ、それを爆発に巻き込まれて阿爛を追う明日郎が無限刃で斬りつけてしまい、再び大爆発。

 

結果的に雨読は逃げ、全員大したケガもなく闘いは終わった。

そして、明日郎たち3人は、(約束通りとはいかなかったが)剣心から報酬を貰うこととなる。

 

小樽を訪れた霜門寺は、思ったより街が破壊されておらず、混乱もしてないことに歯軋りした。

しかも、合流した雨読から銃火器に負けた報告を受け、「剣客兵器の恥晒し」としてその場で始末した。

 

また、1人汗だくで走って逃げた観柳は、ガトリングガンを合法的に所持できるように法律そのものを変える夢を抱く。

星空にガトリングガンを描きながら、観柳はまだまだ走って逃げた。

 

明日郎たちは貰った給金で街へ繰り出し、剣心たちは田本が用意してくれたプレーリーハウス(仮住まいの家)へ。

そこには薫と剣路以外にも、仲間となった十本刀たちが上がり込んでいた。

 

左之助や十本刀たちが外に食事に行くと言うが、剣心夫妻は遠慮して家に残ることに。

皆が外に出ると、剣心の顔から脂汗が吹き出し、グラついたところを薫が優しく受け止めた。

 

剣客兵器は五稜郭の凍座がようやく目を覚まし、地號から函館山頂の築城が順調であること。

札幌では斎藤と永倉が、雹辺双と戦闘中であると報告を受ける。

 

斎藤と永倉が札幌に到着すると、工部省の官僚・その付き人が暗殺される事件に遭遇。

被害はこの時点で、すでに11人。

 

本物の官僚を使ったの囮作戦を進言する2人だが、そんな危ないことに協力してくれるお偉方はいない。

そして、警察があてがおうとする役人は、1クセも2クセもありそうな人物だった。

 

るろうに剣心北海道編を無料で読む方法

るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編 最新刊(6巻)のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が戦闘のカッコ良さと面白さが段違いですね。

 

『U-NEXT』では登録直後に600Point貰えるので、すぐに600円分までのコミック1冊が無料で読めます。

また、1,200円分のポイントを超えて購入する分は、40%のポイントバック(実質4割引き)!!

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

 

まとめ

剣客兵器はこれまでメッチャ活動していたかに思われましたが、築城したり凍座が目覚めたりと活動が活発化しそうな匂いです。

逆に、ダメージを喰らってない剣心が、倒れてしまいそうになるなんて。

 

ドンドン劣勢に立たされている感じですね。

また、警察が囮に使おうとしている人物も気になるところ。

 

興味ある方は、ぜひ!!!