ジャンプ

怪獣8号最新刊(3巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『怪獣8号』の最新刊(3巻)のネタバレとなっております。

レノと伊春は、人型の怪獣会敵。

 

その圧倒的な強さの前に全く歯が立たず、絶体絶命かと思ったところで怪獣8号に変身したカフカが現れて、、、、

 

\ 登録後すぐにポイントゲット!無料でマンガが読める! /

 

 

\ ポイント還元率がヤバイ!毎月お得に読める! /

 

 

 

怪獣8号 最新刊(3巻)のネタバレ

人型はカフカが強いと認めつつも、カフカの死骸を手駒にしたいと考えていた。

つまり、カフカをこの場で殺すことが可能だと。

 

しかし、カフカの強さは想像の遥か上で、防戦一方どころか離脱する隙すら与えてもらえなかった。

カフカの本気の拳により完全に人型の核が露出し、後はトドメを刺すだけというところで斑鳩小隊に取り囲まれてしまう。

 

カフカが隊員たちに一瞬気を取られた隙に、人型は「次は君を殺す」と言い残してその場を後にした。

カフカも人気のない路地裏で人間の姿に戻ろうとするが、副隊長の保科に発見されてしまう。

 

保科は小型〜中型の怪獣と戦いを得意としていて、しかもスーツのリミッターを解除。

解放戦力92%で、カフカを討伐することに全力を懸けてきた。

 

その動きは人間のものではなく、先程の人型よりもスピードは上。

一方、保科を攻撃するわけにはいかないカフカはどうすることもできず、回避することに集中するが斬撃で腕ごと胸を深く抉られてしまう。

 

核を確認した保科は、討伐すべく核めがけてブレードで斬りつけてくる。

しかし、核を狙ってくると読んでいたカフカは、ダメージを負いながらもブレードを止め、拳で刃を折ることに成功。

 

その場を離れ、人間の姿に戻るとキコルに保護された。

保科は怪獣8号が逃亡したことを報告しつつ、怪獣というより人間と戦っているような違和感を感じていた。

 

翌日、レノや伊春たちを襲った人型が人間に化けていたと報告を受け、保科たちは捜査を始める。

また、怪獣9号と認定された人型は、別の人間を襲って殺すと身体が馴染むまで姿を隠すこととなる。

 

カフカ・レノ・伊春はそのまま病院送りとなった。

そして、2週間後に退院すると、同期全員で初任務の慰労会と退院祝いが併せて行われた。

 

かなり体育会系のノリで盛り上がる中、保科の口からカフカの正隊員昇格の旨が伝えられた。

後日、隊長であるミナの口からも同様のことが伝えられ、「私の隣で戦うにはまだまだ程遠いぞ」との激励も受けた。

 

ミナは怪獣8号と9号の出現の件で、本部に出向いて留守にした夜、立川(防衛隊)基地に爆音が鳴り響く。

突如、基地敷地内に数十体に及ぶ本獣クラスの翼竜系怪獣に、上空から強襲された。

 

翼竜系怪獣はプライドが高く、通常単独行動しかとらない。

ということは、翼竜系怪獣を従わせるだけの圧倒的な力と明確な目的を持ったリーダーがいるはずと保科は読んだ。

 

そして、読み通り新たな人型の怪獣が現れる。

人型の全ての攻撃はあまりに破壊的で、保科を含めて人間が1撃でも喰らえば即死レベル。

 

保科1人で人型に対応し、隊員たちは翼竜系の対応となった。

カフカの助言で翼竜系の弱点が背中であることが隊員たちに共有されるが、翼竜系たちもお互いコンビネーションを組んだため隊員たちは苦戦を強いられる。

 

が、キコルが斧型の専用武器で、翼竜系を正面からブチ抜いてみせた。

保科に次ぐ戦力として評価されたキコルは、特例として怪獣を素材として作られた専用武器が与えられたのだった。

 

キコルの戦力と、プロトタイプとはいえ高い攻撃力を備えた専用武器のおかげで、翼竜系の討伐が機能し始めた。

そして、保科はあまりにも強すぎる人型を演習場に誘い込むが、今まで全て回避していた攻撃を受けてしまう。

 

が、攻撃を受ける瞬間に怪獣の腕を斬り落とし、何とかガードしていた保科。

人型を殲滅するため、スーツのリミッターを解除した。

 

怪獣8号最新刊(3巻)を無料で読む方法

怪獣8号の最新刊3巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が怪獣との戦いの迫力や面白さは段違いですよね。

 

『U-NEXT』では登録直後に600Point貰えるので、すぐにコミック約1冊分が無料で読めます。

また、1,200円分のポイントを超えて購入する分は、40%のポイントバック(実質4割引き)!!

 

 

さらに、『コミック.jp』無料お試し期間中に675Point貰えるので、両方登録することでコミックが合計で約2冊無料で読めることになります。

 

しかも、『コミック.jp』1,330ポイント(コミック2~3冊分)も毎月もらえてお得!!

 

両方とも1ヶ月以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心してご利用いただけますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

 

さらにさらに!!!

この作品が気に入ったのであれば、できるだけお得に読みたいですよね。

 

『いつでも書店』は、初月無料月額2,200円なのに毎月3,000ポイント還元。

つまり、『いつでも書店』は毎月2,200円で3,000円分のマンガが読める、超お得過ぎる電子書籍サイトです。

 

 

『まんが王国』は【初回限定】はじめてポイント購入で最大18,000ポイント還元。

しかも、ポイントの購入還元率 最大30%・使用還元率 最大20%ともに高く、CM通りお得感NO.1の電子書籍サイトです。

 

 

まとめ

一難去ってまた一難。

大怪獣クラスのオンパレードとなった3巻でした。

 

しかも、基地にはミナはおらず、保科は大丈夫なんでしょうか?

また、翼竜系の討伐も大丈夫なのか!?

 

興味ある方は、ぜひ!!!