チャンピオン

フジケンの最終回(22巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『フジケン』の最終回および22巻のネタバレとなっております。

フジケンの最終巻は、終わりに向けて平和的かつ感動的なラストへと向かっています。

 

ということで、一気でも1話ごとでもなく区切りが良い所で分割してネタバレをしていきます。

 

\ 登録後すぐにポイントゲット!無料でマンガが読める! /

   

\ ポイント還元率がヤバイ!毎月お得に読める! /

 

 

 

野球対決

フジケンは水野とバッティングセンターに来ていた。

中2までリトルリーグでピッチャーで4番だった水野が、あまりにも良いバッティングをする姿を見てフジケンは試合を申し込む。

 

波浜VS黒崎。

しかも、試合は賭け試合で「負けた方が入れられた点数×1万円」。

 

しかし、試合は黒崎が大量リードで折り返し。

波浜が負けている原因は、どう考えてもピッチャーであるフジケンがヘボすぎるから。

 

フジケン以外のメンバーが頑張り、なんとか食らいついて最終回で3点差。

フジケンはバッティングでも良いところなし。

 

ということで、いきなりピンチヒッターとして影山を登板。

打ったら、エロビデオのことは言いふらさないことを条件にバッターボックスに立ち、見事ホームランを放った。

 

しかし、よく考えれば影山は波浜ではない。

結局、勝負はうやむやとなって終わりとなった。

 

フジケンへの告白

フジケン・紋二・秋山・岬・トモ、いつものメンバーでファミレスでだべっていると、1人の女子高生が話しかけてきた。

女子高生の名前は、川口ヒカル。

 

岬やトモと同じ三浦女子の1年生。

いきなり、フジケンに告白したと思ったら色仕掛けをしてきた。

 

すると、岬も競って色仕掛け合戦となり、ファミレスから追い出されることに。

岬とヒカルは直接ケンカで決着をつけることになり、岬が勝てばフジケンはヒカルのもの。

 

岬が強いのは当然だが、格闘家の父親に小さなころから色々と教え込まれたヒカルもなかなかの強さ。

そのため、今まで男性に負けたことがなく、自分より強い人と付き合いたいためフジケンに告白してきた。

 

しかし、一進一退の攻防も、岬がマウントを取って決着。

岬はマウントを取って拳を振り上げたものの、ヒカルの可愛い顔が傷ついたらもったいないとトドメをささなかった。

 

そのクールな立ち振る舞いにより、ヒカルは岬にぞっこん。

妹になりたいと、今度は岬を追いかけることに。

 

トモとユーユー

紋二は、(竹下)直美がアメリカから帰国してくるということで上機嫌。

フジケンと秋山に、直美帰国の前夜祭としてゴチすると言いだした。

 

盛り上がる3人だが、街中でたまたま合コン中のトモと鉢合わせる。

その姿を見た秋山は怒ってトモを殴り、トモと合コン中だった男たちと乱闘になってしまう。

 

盛り上がる雰囲気ではなくなってしまったフジケンと紋二は、そのまま帰ることに。

秋山は、トモを追いかけた。

 

翌日、紋二は2人きりでは緊張するからと、フジケンを連れていつものファミレスで直美と会うことに。

だが、直美とイイ雰囲気になって、次第にフジケンが邪魔になってきた。

 

フジケンが帰ろうとすると、ボコボコにしばかれた秋山が店に入ってきた。

そして、秋山をしばいたのはトモの父親。

 

トモが家出をしてしまい、その原因は秋山が殴ったことにあること。

そもそも、娘に手をあげたということで、頭に血が上ったトモの父親にヤラれてしまった。

 

岬が心当たりがある場所と言えば、大食いに挑戦できる店ばかり。

だが、トモの手掛かりはつかめなかった。

 

しかし、秋山はとっさにトモが行きそうな場所を思い出した。

そこは、トモ・秋山・トモの父親で初日の出を見た海岸。

 

秋山の予想通り、トモはそこにいた。

トモの父親がいる目の前で、秋山はトモにビンタ。

 

このビンタは、みんなに心配をかけたことに対して。

実は合コンは世話好きのトモが、彼氏のいない友達のために開催したもの。

 

それを踏まえて、秋山は「卒業したら結婚しよう」とプロポーズをした。

そんな2人を見て、フジケンと岬・紋二と直美もイイ雰囲気となった、卒業1ヶ月前の出来事だった。

 

やり残し

補習も終わり、あとは卒業を待つだけとなったフジケンたち。

紋二は「やり残したことがある」と言いだし、それが気になるフジケン。

 

紋二はフジケンを河原に連れていくと、フジケンとの再戦を申し込んだ。

初めてケンカしたときは、フジケンの勝ち。

 

しかし、あれはマグレだったと紋二は納得していない。

紋二の再戦の申し出に、笑顔で受けて立つ。

 

同じころ、水野と藤堂も高校最後の決着をつけるためにケンカを始めた。

河原で伸びているフジケンと紋二に声をかける2人。

 

4人とも顔を腫らし、血が流れている。

結局、勝者はあ互いにやった者同士だけの秘密となった。

 

10年後

話しの最後の方は、サブキャラクターが今後どうなったかの説明がありますが、ここでは主要メンバーだけ。

 

秋山&トモ

モチロン、結婚した。

秋山はトモの父親のパチンコ屋に就職。

 

秋山は食事の準備をするなど、家事も出来る様子。

子どもは少しヤンキー調。

 

藤堂

23歳の時にラーメン屋を始めるが大繁盛。

今ではチェーン店を出すほどに。

 

水野

デザイナーとして成功。

今は優雅な生活を送っている。

 

影山

某有名組系某組若頭。

良くも悪くも出世した。

 

フジケンと結婚し、娘と息子に恵まれる。

娘はフジケン似の面倒くさがり。

 

直美

紋二と結婚。

紋二似の息子に恵まれる。

息子が生まれてから、紋二がまっすぐ帰って来てくれることを喜んでいる。

 

フジケン&紋二

ジミー&カルロスとして、人気タレントに。

マネージャーは山栗。

今までも生番組で殴り合いケンカしたりして、番組を降ろされたこともある。

 

紋二が競馬で1億円すったことで、仕事量が激増。

雰囲気が悪い中、そのまま生番組の司会として登場し、再び殴り合いをしてしまう。

 

フジケンを無料で読む方法

フジケンの最終回および22巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方がケンカやギャグの面白さは段違いですよね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

 

まとめ

フジケンの最終回および22巻のネタバレでした。

中学生の頃、兄弟で単行本を集めて読んでいましたが、今読むと時代を感じます(笑)

 

けど、やっぱり面白さは変わりませんね。

少し下品で・喧嘩っ早いところは、当時の不良漫画って感じがします。

 

興味がある人は、ぜひ!!!