チャンピオン

餓狼伝の最終回(26巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『餓狼伝』の最終回および26巻のネタバレとなってろいます。

誰かに追われている感覚があり、松尾象山と伊達潮(実力者であるガチレスラー)は人のいない神社へと誘い込む。

 

姿を現したのは、村瀬豪三で潮と立ち会うことになるが、、、、、

 

\ 登録後すぐにポイントゲット!無料でマンガが読める! /

   

\ ポイント還元率がヤバイ!毎月お得に読める! /

 

 

 

餓狼伝の最終回および26巻のネタバレ

松尾象山を指名する村瀬だったが、いきなり現れてケンカを仕掛けてくる礼儀知らずに潮は怒っていた。

潮が向かっていくものの、足と腕を折られ瞬殺されてしまい、挙句には胸に膝を入れられて折れた肋骨が肺に刺さる重傷を負う。

 

救急車を呼びことになり、松尾象山と戦う時間は無くなってしまった。

しかし、村瀬が泉宗一郎を病院送りにしたことを知った松尾象山は、今度は自ら村瀬に再開の約束をした。

 

少し時間はさかのぼり、泉が夜に庭でくつろいでいると村瀬が現れた。

地の利があると考えていた泉だったが、目を潰され・投げで岩に頭を叩きつけられ・最後は右腕を折られる。

 

こんな目に遭いながらも、泉は村瀬との戦いを「清々しいもの」と病院のベッドの上で語った。

そして、村瀬が文七を狙っていることを本人に伝えた。

 

泉・潮と、実力者を倒した村瀬の次のターゲットは、北辰館きっての実力者 堤城平。

堤がジムで鍛えていると、そこに村瀬が現れた。

 

立ち合いを望む村瀬に、「俺と戦いたければ、その場でかかってこい」「不意打ちにとやかく言うようならば、もはや空手家ではない」と言い放つ。

堤のただならぬ空手に対しての精神性に、感心する村瀬。

 

村瀬は堤を外に連れ出し、空き地で立ち会うこととなった。

が、内容は堤の一方的な展開となった。

 

堤は村瀬から1発の攻撃を受けることなく、顔の原型が変わってしまうくらい村瀬を痛め付け、その場を後にした。

堤が村瀬との立ち合いの後に北辰会の道場を訪れると、すぐに顔を腫らした村瀬が現れた。

 

目的は堤との再戦。

そこで堤は、村瀬が泉と潮をやった張本人だと知り、門下生を壁側に整列させ再戦を受けた。

 

門下生が堤の号令で壁際に移動しており、開始の合図もないまま村瀬が仕掛けてきた。

堤にタックルを喰らわせ、そのまま頭を床に叩きつけた。

 

一瞬、意識が飛んだ堤。

倒れる途中、「俺と戦いたければ、その場でかかってこい」「不意打ちにとやかく言うようならば、もはや空手家ではない」、自分で放った言葉が頭を巡った。

 

まさに、覆水盆に返らず。

不意打ちを仕掛けたとして、門下生たちは村瀬を堤から引きはがそうとするが、堤は大声でこれを制止。

 

マウントを取られた状態で立ち合いを続けるが、何度も何度も顔面に頭突きと拳を喰らわせられた。

今度は先ほどの立ち合いとは反対に、一方的に殴られ成す術のない堤。

 

そこへ、松尾象山が現れ立ち合いを止めた。

単身で乗り込んできた村瀬を褒めつつ、腹に正拳付き・顎に蹴りを喰らわせて失神さると、戸板に乗せて運び出した(道場破りへの習わし)。

 

堤は松尾象山が割って入らなければ、自分が負けていたことを分かっていた。

そして、松尾象山も「空手そのものを見直す時期が来た」と、予感した。

 

村瀬はある夜、文七を尾行。

それに気付いていた文七は、ワザと人気のない公園へと踏み入って村瀬を誘い込む。

 

並び合う2人。

おのずと立ち合いは始まり、初撃から文七の一方的な展開かと思われたが、文七の拳を喰らいながらも村瀬は勢いよく投げ飛ばした。

 

餓狼伝を無料で読む方法

餓狼伝の最終回および26巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が立ち合いの迫力や面白さは段違いですよね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

 

まとめ

餓狼伝の最終回および26巻のネタバレでした。

刃牙(至高の漫画として最高)も大好きですが、刃牙ほどムチャクチャではない餓狼伝も最高に面白いです。

 

しかし、まさかこんな盛り上がったところで終わってしまうなんて(泣)。

当時のコミックには、「ここで打ち切りです」みたいな文言があって、3度見ぐらいした記憶があります。

 

ですが、グレート巽の過去編や北辰会空手トーナメント編など、作者である板垣恵介先生らしさが全開で燃え(萌え)ます(笑)

刃牙好きって人は絶対ハマると思うので、ぜひ!!!