ジャンプ

鬼滅の刃(スピンオフ)煉獄杏寿郎のネタバレや感想!甘露寺との共闘も?

ジャンプ45号と46号では、煉獄杏寿郎 外伝が前・後編で掲載されます。

この記事は、そのネタバレです!!

 

まだ、杏寿郎が炎柱になる前のお話し。

隊士たちは、杏寿郎を恨み・銃を使う十二鬼月に虐殺されていた。

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

U-NEXT 公式サイト

 

煉獄杏寿郎 外伝 前編のネタバレ

杏寿郎は鬼殺隊の『甲』となり、『癸』となった甘露寺と稽古をしていた。

あまりの厳しさと、空腹で泣き言を言い出す甘露寺。

 

だが、わずか半年で最終選抜を突破したお祝いに、これからは師弟ではなく仲間として頑張っていこうとお祝いに甘露寺に羽織をプレゼント。

そんな中、鎹鴉から炎柱である父 槇寿郎に柱合会議の伝令が入る。

 

槇寿郎を呼びにいく杏寿郎だったが、父は酒に溺れ柱合会議に参加する気がまるでない。

どころか、戦うこともどうでもよくなり、説得する杏寿郎に酒のツボを投げてきた。

 

すると、槇寿郎の代わりに杏寿郎が柱合会議に参加。

杏寿郎が今の槇寿郎の様子を、産屋敷と柱たちに説明すると、柱たちは槇寿郎の引退を推してきた。

 

が、杏寿郎は柱たちの目の前で「俺が炎柱になれば問題ない」と言い出す。

杏寿郎の実力を見るために、不死川は杏寿郎に殴りかかる。

 

隊員同士の喧嘩はご法度の上、人を殴ってはいけないし・不死川を殴りたくないと言う杏寿郎に柱たちは唖然。

産屋敷はそんな杏寿郎に、槇寿郎の担当地区で暴れているという十二鬼月の討伐任務を言い渡す。

 

この任務で、自分が柱足りえる実力だと言うことを、言葉ではなく実績で示すための産屋敷からのチャンスをもらう(ように感じる)。

が、産屋敷は杏寿郎が「近いうちに鬼殺隊を変えてくれる1人になる」と、確信に近いものを感じていた。

 

杏寿郎は、甘露寺を含めた9人の隊士に指示を出し、任務を開始。

甘露寺と組んだ杏寿郎は、いきなりスナイパーのように銃で攻撃してくる鬼に攻撃を受ける。

 

杏寿郎に強い恨みを持つ鬼は、銃だけでなく街中で爆弾も爆発させてきた。

遠くから狙ってくる鬼に対して、距離を詰めて斬りかかるが躱される。

 

しかも、鬼は杏寿郎に強い恨みを持っているが、杏寿郎自身は「一切面識はない」と言い放つ。

その言葉を聞いて一瞬取り乱した鬼。

 

街中でさらに爆弾を爆発させると、杏寿郎に向かって体内から出現させた銃を乱射。

それをかい潜って杏寿郎が斬りかかるも、市民を巻き込む極悪非道の無差別攻撃に怒りで視野が狭まっていたため、剣を受け止められてしまう。

 

鬼は幾つもの爆弾を体内から出現させると、自分と杏寿郎を巻き込んで自爆。

鬼の上半身は吹き飛ぶものの、すぐに再生して甘露寺を捕まえて眉間に銃を当てがった。

 

杏寿郎をすぐに殺したいわけではなく、虫の息にして杏寿郎の前で同僚や家族を拷問して殺すという最も杏寿郎が苦しむ方法を取るのだと言う。

その手始めに甘露寺を拷問しようとするが、爆発した瓦礫の中から杏寿郎は鬼に斬りかかって甘露寺を救出。

 

(何故だが分からないが)自分に固執する鬼は杏寿郎が相手をし、甘露寺を含む隊士たちには爆弾の解除を命じる。

鬼と対峙する杏寿郎は、亡き母の「立派な炎柱になれ」という言葉を思い出し、鬼の怨恨ごと斬り伏せる覚悟とともに杏寿郎は刀を握りしめた。

 

煉獄杏寿郎 外伝 後編のネタバレ

鬼は血鬼術で影の狼を量産。

杏寿郎は炎の呼吸で応戦し、襲ってきた影の狼たちを瞬殺。

 

すると、鬼は過去に恐怖を擦りこまれた杏寿郎と同じ髪・同じ眼をした鬼狩りを思い出す。

酒を持っていることから、この剣士は父である槇寿郎と思われる。

 

傷は癒えても、恐怖と怒りは一生収まらず。

鬼は自分の頭を撃ち抜いて、身体からマシンガンを生成し杏寿郎に撃ち込んだ。

 

一方、杏寿郎から爆弾解除を命じられた甘露寺含む隊士たちは、斬りかかっても刀を取り込む狼に苦戦しながらも爆弾を発見。

甘露寺は刀を取り込まれ、足を噛まれて恐怖で動けずにいた。

 

が、狼たちから母親を守ろうとする子供の姿を見ると、自分を囲んでいた狼を一蹴。

考えるよりも身体が動いたので、甘露寺もどうやって斬ったかは不明。

 

しかし、自分に鬼殺隊に向いているか悩んでいたが、杏寿郎からもらったアドバイスを思い出す。

剣の切っ先まで燃えるような恋心を剣にのせ、振るった刀で狼たちをものともせず切り裂いて親子を救出。

ここで、甘露寺は自身の呼吸を見つける。

 

爆発音が聞こえなくなり、放っていた狼たちの気配も減っていることに気付いた鬼。

大量の銃弾、爆発を杏寿郎に喰らわせるも、倒れずに刀だけで向かってくる杏寿郎。

 

目の前にいる杏寿郎が、過去に自分に恐怖心と怒りを植え付けた剣士かどうか分からなくなってきた。

弾切れを起こすほど銃弾を浴びせてのに、杏寿郎は立ち上がって向かってくる。

 

鬼は自分の身体の中から武器を探すと、生前使っていた刀が出てきた。

刀を見ると、昔一緒に戦った仲間たちを思い出し、狼たちを集結して纏った。

おそらく、この下弦の弐は新撰組に属しており、戊辰戦争で銃の前に死んでいると推測。

 

影を纏った姿は二足歩行の狼で、刀を手にし1人の武士として杏寿郎と対峙。

刀を合わせて勝利を確信する鬼だったが、杏寿郎は奥義『玖ノ型 煉獄』で鬼の首を斬り落とした。

 

下弦の弐を倒したことで、甘露寺は杏寿郎に抱きつき嬉しくて号泣。

下弦の鬼を倒したことで、杏寿郎は柱に昇進となり母親との約束を果たした。

 

煉獄杏寿郎 外伝を無料で読む方法

煉獄杏寿郎 外伝のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が煉獄さんのカッコ良さや面白さは段違いですよね。

 

煉獄杏寿郎 外伝が掲載されているのは、2020年のジャンプの45・46号になります。

個人的意見ですが、連載が終わった鬼滅の刃のコミックスに掲載される可能性は低いのではないかと思います。

 

追記:『煉獄杏寿郎 外伝』、以前掲載された『富岡義勇 外伝』は原作の最終巻に掲載されることが判明しました。

これは、要チェックです!!

マジで!!!!

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

煉獄杏寿郎 外伝を今すぐ無料で読む