新雑誌研究所

アポカリプスの砦の最終回(10巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『アポカリプスの砦』の最終回および10巻のネタバレとなっております。

自分の代わりに女ポコールを捕獲して、治療薬開発に使おうと考えた前田。

 

捕獲寸前のところで男ポコールが現れ、ポコール同士食い合うと、1体の大きな赤ん坊となる。

そして、吉岡が強烈な攻撃を加えるが炎の中から出てきたのは赤ん坊から『巨大な前田』に変貌したポコールだった。

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

U-NEXT 公式サイト

 

アポカリプスの砦の最終回のネタバレ

ポコールは前田を捕まえようと手を伸ばし、前田は必死で走るが転倒してしまう。

起き上がる前田は小学生になっており、場所も自宅近くの公園だった。

 

ここから、現実ではなく精神世界ともいえる場所に意識が行っていると思われる。

 

さっきまで何かから逃げていたことは分かるが、思い出せない前田。

手には紙が握られており、そこには逆上がりができずに連帯責任を取らされた同じ班のメンバーから前田を誹謗中傷する内容が書かれていた。

 

涙する前田。

そこに前田を心配する精悍な顔立ちの青年と女性がいた。

 

この2人こそ赤ん坊から前田に変貌したポコールで、人間同士は大人になっても弱いものを踏みにじる存在。

ポコールは自分たちと1つになれば、争いや差別のない世界ができると前田に手を差し伸べる。

 

が、(現実世界で)ポコールに取り込まれそうになっているところで手を握ってくれたのは岩倉。

2人でポコールから逃げると、岩倉は前田にトニーの面影を見る。

 

ここから、岩倉の過去の回想へ

 

岩倉はゲリラの少年兵として活動していた。

そこで出会ったのが、トニーだった。

 

トニーはゲリラに身を置きながら、優しい性格で戦闘が始まれば銃で敵を撃たずに隠れているような少年だった。

「ゲリラから逃げ出せたら日本に行きたい」と話すトニーに、岩倉は半年と持たないタイプだとあまり関わろうとしなかった。

 

ある日、岩倉はゲリラから日本大使館への脱走を図るが失敗し、捕まってしまう。

ゲリラの掟として、脱走を図った者は利き腕を切り落とすことになっており、切り落とす役目がトニーに任命された。

 

岩倉を友達と思っており、切り落とさなければ自分が死ぬことになるというのに躊躇うトニー。

トニーは岩倉の腕を切り落とさず、ゲリラのリーダーに攻撃をしたため殺されそうになる。

 

が、寸前のところで政府軍のゲリラへの攻撃が始まり、岩倉とトニーは混乱に乗じてその場を脱出。

日本大使館まで逃げ切ることができた。

 

日本大使館の敷地内で安堵する2人。

だが、ゲリラのリーダーは大使館まで追って来て、岩倉の腹とトニーの頭に銃弾をくらわせる。

 

トニーを殺しても尚、罵倒しながら数発の弾丸を浴びせて追い討ちをかけるリーダーに怒りを爆発させる岩倉。

リーダーに飛びかかると、頭を拳で潰して殺害した。

 

こうして、岩倉は松嵐学園へ収監されることになる。

松嵐学園で前田を一目見た時から、性格を見抜いていたせいかトニーの面影を見ていた描写がある。

 

F型感染者同士、お互いを感知してしまい近づいてくるポコール。

岩倉は前田の腹を殴って気絶させると、ゴミ箱の中に隠して1人でポコールに挑んだ。

 

目を覚ました前田が外に出てると、岩倉の銃の薬莢を発見。

辿って行くとナイフ、岩倉の手形の血の跡が。

 

最後には柱の下に血だまりと人の腕が。

わずかな隙間を覗いた前田は、岩倉が死んだことを悟り涙を流して絶叫した。

 

前田の後からポコールが現れると、岩倉の脊髄を砕いて柱で潰したと言われる。

前田は瞳が3つになるほど覚醒すると、ゾンビたちを集めてポコールよりもさらに巨大な怪物(人の柱)を出現させる。

 

その怪物で何度も何度もポコールを殴りつけていく。

前田が自分たちの側につかないと分かったポコールは、前田に愛想も興味も失せて(前田の姿の)頭だけとなりその場を後にしようとする。

 

が、怒りの治らない前田に捕まり、さらに幾度も殴りつけられ・叩きつけられる。

とうとう、ポコールは絶命し、大量の脳漿が手に入ったことで新薬が作れると喜ぶ一同。

 

しかし、前田から岩倉が死んだことを告げられて、一気に歓喜のムードが逆転してしまう。

悲しみながらもその場を後にしようとするが、前田はあることに気付く。

 

ゾンビたちを操って柱をどけると、岩倉は腕を潰されながらも工事現場の穴に逃げ込んで生きていた。

それでも、重症であることには変わりなく、すぐにタンカに乗せられることになる。

 

 

ポコールの死により、新薬が開発されるとそれぞれの道を歩む。

ここからは、みんなのその後のお話し。

 

前田 義明

吉岡に新薬を投与される。

2年後は、市が管理する果樹園で岩倉とともに働いている。

 

岩倉 剛

腕を潰されて2日後に目が覚める。

腕を失いながらも、2年後は前田とともに果樹園で働く。

 

吉岡 正文

吉岡はバットを投げて先端が向いた方に行くという、放浪の旅に。

自分でも行き先はわかってない様子。

 

2年後、ゾンビはいるものの生きてる人間と区画分けがされ、落ち着いた世界ではゲームセンターの店長として子供と接している。

ただ、商売があこぎ。

 

一ツ兜 清春

坂上博士から新薬を受け取り、施設に持って帰ってデイジーの治療へ。

デイジーには特別な感情があるのではと、吉岡に指摘され顔が赤くなる。

 

別れ際に、前田と吉岡に松嵐学園への卒園許可を言い渡して去って行った。

 

花畑 慎平

感染が進行したりっくんに、とりあえずは新薬を投与。

どこまで効果があるか分からないため、坂上博士に経過観察するよう勧められるが拒否。

 

すでに薬が効いても・効かなくてもどっちでも良く、知り合いがいるということで北を目指す。

 

坂上博士

DZESで人口の半分を失うが、その感染症の治療薬を確立したとしてノーベル賞を受賞。

現在は、重症者向けの新薬およびワクチンの開発をしている。

 

アポカリプスの砦を無料で読む方法

アポカリプスの砦の最終回および10巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方がゾンビとの緊迫感や面白さは段違いですよね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

アポカリプスの砦を今すぐ無料で読む

 

まとめ

最後は2年後の世界が少し描かれていますが、みんな元気に過ごしているようです。

個人的には「りっくんがどうなったのか?」気になるところですが、そこは描かれていないのが残念でした。

 

10巻には番外編が2話あり、特に前田が収監される1日前の話しが面白いです。

4号室の3人の物語がそれぞれありますが、3人が3人とも問題を起こしちゃうところがホッコリするようでクスっとする内容です。