電子コミック

殺人オークションの最終回(4巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『殺人オークション』の最終回および4巻のネタバレとなっております。

殺人オークションの運営の中心である、阿部に拉致された佐伯蒼葉。

 

この事は姉である佐伯美冬も知ることになる。

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

U-NEXT 公式サイト

 

殺人オークションの最終回のネタバレ

蒼葉は顔をショットガンで撃たれており、下顎から上が吹き飛んでしまうという無残な姿で見つかった。

阿部同様、殺人オークションの運営である曽根は蒼葉を殺した理由を尋ねても阿部は口を開かなかった。

 

美冬が刑事ということもあり、蒼葉の死は署内でも噂になる。

当然、中村も知ることとなり美冬を心配する。

 

阿部と曽根は、前回のオークションの情報が漏れてしまったことで慎重にならざる負えなかった。

宗谷から漏れた線が濃厚だが、他にも可能性がないとも言い切れない。

 

しかし、次のターゲットは阿部の娘である麻織(まおり)を死に追いやった一ノ瀬竜太。

とうとう阿部が復讐する時と、殺人オークションという組織が出来上がった秘密が明かされる。

 

麻織は年頃の娘でありながら、父親である阿部とも仲が良く・素直ないい子だった。

夏祭りの日、彼氏と待ち合わせをして浴衣を着て出かけた麻織を、一ノ瀬竜太はナイフで脅してレイプした。

 

1度は逮捕された一ノ瀬だったが、父親が大物政治家ということで検察に圧力をかけて不起訴処分。

麻織は事件以降、精神的に不安定になってしまい、家に閉じこもってしまう。

 

ある日、麻織は自宅のマンションでパニックになり、転落死してしまう。

しかも、阿部の目の前で。

 

麻織の死から一時経って、阿部は被害者遺族の集まる集会に参加。

そこには、阿部と同じように加害者が正当な刑罰を受けてないことに、憤りを感じていた者がいた。

 

乾と曽根である。

3人は正当な刑罰が下されなかった者同士で、少なからず絆のようなものが生まれていた。

 

ある日、犯人を殺してやりたいと思っていた乾は、本当に加害者を殺して報復を果たしてしまう。

その後、阿部と曽根に電話で連絡を取り、自ら命を絶った。

 

現場に駆けつけた阿部と曽根は、乾を殺人犯にしないために乾が殺した加害者の遺体を解体。

阿部と曽根は、「被害者遺族がリスク無しに加害者に正当な罰を与えることができる強力な組織を作り上げる」ことを誓い合う。

 

そして、阿部と曽根によって殺人オークションが開催されることとなる。

一方、美冬も何も悪いことをしたわけでない蒼葉を殺されたことにより、犯人に報復しようと動き出す。

 

ようやく、娘の仇が討てるというところで、事態は急変。

前回のオークションで警察に想定外の動きがあったため、怖気づいた殺人オークションの構成員が次々と抜けていく事態となった。

 

残った構成員や曽根も動きようがない。

組織は壊滅状態。

 

阿部は1人で計画を強行することに。

一ノ瀬が1人になった地下駐車場で、トラックで轢いて荷台に乗せようとするがナイフで右腕を刺されてしまう。

 

なんとか気絶させて一ノ瀬を荷台に乗せると、殺人オークションを開始。

希望の殺し方は、『死ぬまで金属バットで殴り続ける』というものだった。

 

手足を縛られた一ノ瀬は命乞いをするが、阿部は何度もバットを振り下ろす。

が、ナイフで刺されたことにより出血体力が限界に達し、倒れ込んでしまった。

 

麻織のことが脳裏をよぎると、気合で立ち上がり、再び一ノ瀬に向かってバットを振り下ろした。

一ノ瀬が血だるまになって死体になると、阿部は安堵したような顔で娘を想った。

 

署内では、美冬に4日間も連絡が取れずにいた。

すると、中村に美冬から連絡が入る。

 

呼び出された場所に、蒼葉の事件の捜査資料を持って行くと、全身黒い服と帽子をかぶった美冬が現れる。

被疑者が阿部ということを聞いた美冬は、中村の説得に耳を貸すことなく「刑事を辞める」と言い残し、阿部を殺すために動き出した。

 

阿部は自らを殺人オークションにかけると、警察署から出ようとした宗谷を拉致。

そして、美冬を砂浜に呼び出した。

 

阿部は蒼葉を殺したことを自白。

オークションを中止へと追いやり、阿部の理念を否定した美冬が、被害者遺族の立場になった時どうするのか?

 

そのために、蒼葉を殺したと。

そして、自らを殺人オークションにかけた阿部の殺し方は、日本刀で斬首。

 

自分を殺すように美冬を煽り続ける阿部。

美冬が阿部を殺せば、阿部の理念が正しかったことを意味する。

 

日本刀を手にする美冬を止めようと叫び続ける宗谷。

そこへ、死んだはずの蒼葉が現れる。

 

日本刀を捨て、蒼葉に抱きついて号泣する美冬。

実は蒼葉こそが殺人オークションの首謀者。

 

阿部は蒼葉の指示に従って動いていたに過ぎなかった。

蒼葉は、殺された阿部の娘である麻織の彼氏だった。

 

麻織を失った蒼葉は部屋に閉じこもって殺人オークションを企て、阿部は蒼葉の妄想を実現させる協力者となった。

そして、自らが動けるように殺人を偽装した。

 

しかし、阿部が暴走して美冬を巻き込み始めたことで、(美冬には知られたくなかったが)青葉自身が現れるしかなかった。

蒼葉が生きていたことで、阿部を殺す必要がなくなった美冬。

 

しかし、美冬が捨てた日本刀で阿部は蒼葉を斬り殺してしまう。

今度こそ、蒼葉が死んでしまったことで、日本刀を振り上げる美冬。

 

阿部は砂浜に座り込み、美冬が自分を斬殺するように再び煽る。

しかし、美冬は蒼葉が自分が殺人をすることを望まないとして、阿部を殺さず逮捕することを選択する。

 

阿部は高らかに笑い、美冬は涙を流した。

阿部が逮捕されたことにより、殺人オークションは閉鎖。

 

曽根は自害し、美冬は刑事として新たな事件の捜査へ。

そして、新しく警視総監に赴任した蛇川。

 

阿部に協力者という立場で、警察の動きを逐一情報を流していた張本人。

蛇川は警視総監になったと同時に、殺人オークションの運営を引き継ぐことを決めた。

 

殺人オークションを無料で読む方法

殺人オークションの最終回および4巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方がハラハラ具合と面白さは段違いですよね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

殺人オークションを今すぐ無料で読む

 

まとめ

娘を持っている身として、阿部のやってきたことに反対ばかりはできないんですよねぇ。

もし、我が子が同じようなことをされたら、加害者を殺してやりたいと思うのは世の親御さん皆同じじゃないでしょうか??

 

まぁ、こんな無茶苦茶なやり方はしないでしょうし、できないでしょうけど(笑)