ガンガン

【漫画】ソウルイーターの最終回(25巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も

この記事は『ソウルイーター』の最終回および25巻のネタバレとなっております。

月面戦争で阿修羅を取り込んで、メデューサの思惑通りに鬼神となったクロナ。

 

しかし、狂気そのものである阿修羅を取り込みすぎて、逆に取り込まれてしまい。

 

\31日間無料&600Pですぐ読める/

U-NEXT 公式サイト

 

ソウルイーターの最終回のネタバレ

マカ・ソウル、ブラックスター・椿、キッド・リズ・パティは、月面で鬼神との最終決戦に挑む。

鬼神は死神様の狂気から生まれたということで、キッドの兄だと言い出した。

 

そのことを信じられないキッドは、鬼神を強襲。

マカとブラックスターもキッドに続いて鬼神に立ち向かうが、歯が立たず。

 

鬼神を作ったのが死神様というのなら、自分が今まで目指してきた死神とはなんだったのか迷い始めるキッド。

あまりにも次元の違いすぎる強さを持つ鬼神に対抗するには、真の死神として覚醒するしかない。

 

だが、覚醒したら鬼神のようになってしまうのではないかと不安にかられ覚醒を戸惑ってしまうが、マカの「信じる」という言葉で死神として覚醒するキッド。

キッドが死神として覚醒したことにより、旧死神様は命を落とす(この時点ではキッドは知らない)。

 

ソウルは小鬼に誘われるがまま、ピアノを弾くことで『共鳴連鎖』を発動。

死神に覚醒したキッド・マカ・ブラックスター3人相手にも、異次元すぎる強さを持つ鬼神にまたもや歯が立たない。

 

地上からキリクやシュタインたちの援護を受け、ピアノの演奏で黒血を限界まで活動させたソウル。

 

マカは『鬼神狩り』を喰らわせると、鬼神の内部へソウルとともにクロナを救いに行く。

鬼神の中はひたすら闇で、クロナは友達を裏切り・母であるメデューサを殺し何もかも失いなった。

 

なのに、「もう1度マカに会いたい」と執着している自分に嫌悪していた。

最初、マカを見ても幻だと思っていたが自分の執着が「信じるって事」と諭され、もう1度マカとマカが信じる人達を信じてみることに。

 

鬼神は恐怖そのものであり、生物がいる限り消えることがない。

そのため、『エイボンの書』と『BREW』を使って、鬼神も旧支配者(エイボンの書に眠っている)も自分の狂血を使って自分ごと封印することを提案するクロナ。

 

マカを信じ抜いたクロナには封印されることの恐怖はなかった。

鬼神を封印するためには出血させる必要があるため、自分は中に残ってマカとソウルに託す。

 

魂の音符を道標として、マカとソウルはクロナに戻ってくることを約束して外へと急ぐ。

キッドとブラックスターは鬼神と戦闘しており、マカたちが出てこようとしていることが分かると外側からこじ開けるスキを作る。

 

内部からはマカが鬼神狩りを発動することで、鬼神は大量に出血するほどの傷を負う。

この瞬間、黒血は月を丸々覆い、クロナは鬼神とともに封印されることとなる。

 

鬼神は封印され、戦いは終わった。

月は真っ黒に姿を変え、キッドは自分が覚醒したことで死神様が死んでしまったことをエクスカリバーから知らされる。

 

死神様の訃報は人々に大きな驚きと悲しみを与え、後日盛大に葬儀が行われた。

また、キッドは新たな死神として即位式が執り行われるくととなる。

 

反対もあるが、キッドは魔女たちとの関係性の改善に取り組み、ソウルを最後のデスサイズとして『ラストデスサイズ』として人々に紹介した。

ソウルがピアノを弾くことで祭は最高潮に盛り上がり、マカはソウルの隣でクロナを迎えいこうと空を見上げた。

 

ソウルイーターを無料で読む方法

ソウルイーターの最終回および25巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方がバトルの迫力と面白さは段違いですよね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

ソウルイーターを今すぐ無料で読む

 

まとめ

死神様が死んじゃったのはショックでしたよねぇ。

あの少しずつお面が割れて欠けていく姿が、なんとも言えません。

 

クロナも敵から味方になって・また敵になってと、ある意味1番ハラハラするキャラでした、

また、シュタイン先生とマリー先生の子供も見てみたかったですが、外伝とかあったら良いのになぁ(笑)