ジャンプ

ファイアパンチの最終回(8巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も!

この記事は『ファイアパンチ』の最終回および8巻のネタバレとなっております。

 

平穏に暮らしていたアグニとユダの元に、ネネトがアグニ教の兵士と共に現れた。

ネネトたちはユダを誘拐し、アグニは再びファイアパンチとなって後を追う。

 

\ 登録後すぐにポイントゲット!無料でマンガが読める! /

 

 

\ ポイント還元率がヤバイ!毎月お得に読める! /

 

 

 

VS アグニ

アグニ教の兵士や祝福者がアグニを待ち構えるが、一方的に蹂躙されてしまう。

アグニが通った後には、アグニ教の兵士たちの消炭となった焼死体の山。

 

また、ネネトとユダが村に着くと、村人たちが車に雪を投げつけてきた。

普通の信者たちはユダ捕獲のことは知らないはずなのに。

 

雪を投げつける村人たちの後ろには、微笑むサンの姿があった。

サンはネネトとユダを捕らえることを命じると、暴れるネネトはアグニが炎の痛みに耐え続ける可哀想な人だと。

 

しかし、サンや村人たちはアグニのことを本気で神と崇めており、ネネトと同じような考えの村人たちを斬首にしていた。

そして、村にアグニが現れると、村人たちは皆膝まづいて崇めた。

 

アグニの登場に喜んだも束の間、アグナの顔が違うことに気付き取り乱すサン。

サンは何かの試練だと思い込み、アグニ(とは思ってない)を攻撃。

 

村人を巻き込んでも戦い続けるアグニの姿を見て、さらに自分の信じた神ではないと確信していくサン。

アグニの顔に鉄骨で貫通させると、何度も何度も雷を落とし、アグナは前のめりに倒れた。

 

アグニは自分が何をしているか分からなくなっていた。

ただ、誰かを殺さなくてはいけないことは分かるが、誰かは思い出せない。

 

すると、目の前にいるサンに気付く。

サンはアグニが正気を取り戻したと一瞬喜んだが、まともに戻った演技ではないこと疑いダメ押しの落雷。

 

試練を打ち破れ(アグニを倒せ)ば、本物のアグニが出てきてくれると思い込んでいるサンは、天を仰ぎながらアグニの名を叫ぶ。

アグニは拳に小さな炎を宿して、這いつくばりながらサンの足に拳を軽く当てた。

 

すると、サンは瞬く間に炎に包まれ助けを求められるが、アグニの「誰?」の一言で怒り狂う。

しかし、なす術のないサンはアグニの名を叫びながら消炭となった。

 

80年後

この辺から、『意味不明』と言われるシーンがありながら、最終回に向かっていきます!!

 

燃え続けるアグニをユダは、優しく抱きしめてキスをした。

神様でも復讐者でもファイアパンチでもなく、アグニのなりたいアグニになって欲しい。

 

そう言って、アグニの顔に触れると顔半分が弾け飛ぶ。

ネネトがアグニとユダを見つけた時は、アグニは記憶を無くして何者でもなくなっていた。

 

ユダは木になる条件として、ネネトにアグニを託して幸せにするようにと。

そして、ユダは木となった。

 

80年後。

ネネトはシワシワのおばあちゃんになっていたが、アグニは歳を取っていなかった。

そして、ネネトがそろそろ死にそうだということで、ベッドに呼ばれた。

 

ネネトはアグニに『サン』と名付け弟として面倒を見てきたが、アグニが最近死のうとして、色々と試していることをネネトは知っていた。

アグニはサンになる前の自分のことをネネトに尋ねるが、その瞬間に息を引き取っていた。

 

80年後の世界では、旧世代の爆弾(爆発すると永遠に毒を撒き散らす)が大量に掘り出されていた。

各国、これを戦争に使っていくため、地球が毒に包まれて人類が滅ぶのは明らか。

ユダの木があるためアグニたちの村はまだ麦が獲れるが、他の土地では作物は育たない。

 

それも、もう終わる。

年々、ユダの木があるとはいえ麦が育たなくなってきており、それは地球がもう朽ちてしまっていることを意味していた。

 

ネネトの側近に1つの映像デバイス(?)を渡されて再生すると、そこにはアグニの頃の自分が映っていた。

アグニは自分とは気付いていなかったが、映像を見ながらいつしか興奮して拳を握り込んでいた。

 

再会

数百年後、ユダは木となって宇宙まで成長したが、暇で暇で仕方なかった。

自分が何のためにこんな事をしているかも忘れそうになるが、「1人の男のために地球を暖める」と頭の中で繰り返した。

 

数千年後、ユダは自分がなぜココ(宇宙まで伸びた木の中)にいるのか分からなくなり、暇で暇で絶望していた。

しかし、この状態が永遠ということはないはずと思っていた。

 

また、数千年後

自分の力で頭を撃ち抜けば、この暇が終わるのではないかと考えた。

それは、暇の終わりではなく、新たな暇の始まりということは分かっていた。

 

すでに、自分がなぜ生まれてきたかも分からなくなっていた。

そして、ユダが大事に温めていた地球は、とうの昔に粉々に砕けていた。

 

それから数千万年経った頃、この苦痛が永遠に続くとユダは確信した時、そこへアグニがやってきた。

 

アグニも1人で宇宙を彷徨っており、ユダと出会えたのは偶然。

そして、2人は少し話をした後に、眠ってしまったんだとか。

 

ファイアパンチを無料で読む方法

ファイアパンチの最終回および8巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が面白さが段違いですよね。

 

『U-NEXT』では登録直後に600Point貰えるので、すぐにコミック約1冊分が無料で読めます。

また、1,200円分のポイントを超えて購入する分は、40%のポイントバック(実質4割引き)!!

 

 

さらに、『コミック.jp』無料お試し期間中に675Point貰えるので、両方登録することでコミックが合計で約2冊無料で読めることになります。

 

しかも、『コミック.jp』1,330ポイント(コミック2~3冊分)も毎月もらえてお得!!

 

両方とも1ヶ月以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心してご利用いただけますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

 

さらにさらに!!!

この作品が気に入ったのであれば、できるだけお得に読みたいですよね。

 

『いつでも書店』は、初月無料月額2,200円なのに毎月3,000ポイント還元。

つまり、『いつでも書店』は毎月2,200円で3,000円分のマンガが読める、超お得過ぎる電子書籍サイトです。

 

 

『まんが王国』は【初回限定】はじめてポイント購入で最大18,000ポイント還元。

しかも、ポイントの購入還元率 最大30%・使用還元率 最大20%ともに高く、CM通りお得感NO.1の電子書籍サイトです。

 

 

まとめ

実際にコミックを読んでも、アグニとサンが戦った後からは、だいぶ入り組んだお話しになってるなぁって印象です。

アグニが生きていたということは、地球が朽ち果てて砕けても能力のおかげで生きていたんでしょうね。

 

もしかしたら、「能力のせいで」と言えるかもしれませんが。

アグニとユダが眠ったということは、死んだということではなく自分以外の存在がいて安心したということじゃないかな。

 

それでも、なかなか難しいお話しでした。

最近、作者の藤本先生のチェンソーマンも入り組んだ話しになってきているので、もともとそういう構想が好きなのかもしれませんね。