その他

監獄実験(プリズンラボ)最終回のネタバレ!無料で読む方法も!

この記事は監獄実験(プリズンラボ)の最終回および10巻ネタバレになっております。

 

\ 登録後すぐにポイントゲット!無料でマンガが読める! /

   

\ ポイント還元率がヤバイ!毎月お得に読める! /

 

 

決戦の前

  • 江山は全ての元凶である新村を追い
  • 三崎と長澤は江山に協力し
  • 黒服の田島と米澤は江山の行く手を阻み
  • 川原は桐島が死んでないことを知って助けに

それぞれがそれぞれの目的や思いのために奔走。

 

新村(九字間)は医務室で自分の傷を治療するため、治療道具を探すが闇医者は帰ったようで何もなし。

運転もできるわけないので、闇医者を呼び戻して、とりあえず田島と米澤と合流することに。

 

米澤は自分を含めた全員の銃が使えなくなるようにロックを新村にかけてもらい、三崎と長峰を迎撃することに。

田島と秋山(おしっこしたくてギリギリ)を連れ、新村のもとへ。

実はこれも米澤の作戦のうちで、2人を1人で殺すことで新村に恩を売って組織内で一気にのし上がろうとしていた。

 

一方、長峰はエレベーターで米澤の元へ行き囮となり、その隙に階段で上がってきた三崎が奇襲をかけるという作戦に。

三崎は大やけどを負っているが、鎮静剤(ヤバイ薬)で痛みをほとんど感じていなかった。

三崎が階段を上っている最中、田島と秋山を発見し、まずは田島に奇襲をかけて殺そうと隙をうかがう。

 

エレベーターで上がってきた長峰は米澤を説得して殺しを止めてもらおうとするが、聞く耳を持ってもらえず手榴弾を投げ込まれる。

寸前のところで逃げ切れたが、頼みの銃はロックがかかっているし、米澤は日本刀を隠し持っていて絶体絶命。

 

米澤に追い詰められ、三崎の居所を聞かれて「施設から脱出させた」という嘘をつく。

それを信じた米澤に安心した長峯だったが、田島(と秋山)が三崎と鉢合わせしているとしたら、自分1人で米澤と戦うことになる。

 

決意を決めた長峰は、懐からカッターナイフを出して応戦しようとするもアッサリ払われてしまう。

首元に日本刀を押し当てられたその時、米澤の背後から三崎が奇襲をかけて日本刀をハジく。

 

2対1、しかも相手はチェンソー(三崎)と日本刀(長峰)の武器を持っている。

形勢が逆転した米澤は勝ち目がないと降参の意思を見せる。

 

しかし、油断ならないと判断した三崎はチェンソーで米澤を殺そうとするが、コートで目隠しをして三崎にヒザ蹴りを喰らわせてKO。

長峰も一瞬の隙をつかれ、素手でやられてしまう。

 

米澤の最後

新村の元に着いた田島は、米澤と合流するために道を引き返そうとする。

その道を阻むのは江山。

 

新村を先に逃して、秋山を人質にし、さらに江山が持つナイフを捨てるように指示する田島。

秋山は、江山が桐島を殺したことを知るとその場でお漏らしをしてしまい、一瞬怯んだ隙に距離を詰める。

 

田島は秋山を壁にすると、そのまま逃げてしまった。

この間に腹の傷が開いて、田島を追いかけることのできない江山。

秋山は桐島が江山のことが好きだったことを涙ながらに伝えた。

 

長峰が目を覚ますと、三崎は米澤にリンチされていた。

アバラを折られ、痙攣している三崎。

もう動けない!と判断した米澤は、トドメを刺そうと三崎に近づく。

 

長峰は撃てない銃を米澤に投げつけて自分に注意を向けると、三崎がチェンソーで米澤を斬殺。

骨はあちこち折れていたが、鎮静剤(ヤバイ薬)のおかげで痛みを感じていなかった。

 

江山VS新村

ホッとした生束の間、三崎は頭を田島に撃ち抜かれて死亡してしまう。

米澤が死んだとことと、長峰が生きていることに気付いた新村は、米澤を罵倒して長峰を殺すよう指示。

 

しかし、長峰を殺したくない田島はこれを拒否して、殺したいなら自分で殺すよう言われる。

続けざまに、新村は長峰に「自分じゃ何もできない臆病者だから、人を利用している」と言われ、落ちていた日本刀を手にする。

 

だが、何かと理由をつけて田島に長峰を殺すよう言おうとした時、江山と秋山が追いかけてきた。

三崎の死を目の当たりにした江山は、田島の銃弾に耳と肩を撃ち抜かれても怯むことなくナイフで背中を刺した。

 

倒れる田島。

新村は江山の姿に、自分が憧れた『怪物(モンスター)』を重ねると、胸を刺されて死んでしまう。

 

原川は監禁されていた桐島の元に辿り着くと脱出。

監禁ゲームは主催者死亡により強制終了となった。

 

結末

1ヶ月後、長峰は原川にゲームの結末について聞かされる。

皮肉にも、新村たちが呼び戻した闇医者が戻ってきてくれたおかげで、江山は手遅れにならず一命を取り止めた。

また、長峰・田島は新村が死亡したことにより組織が解散して自由の身に。

 

原川は九字間の本家を調べて、新村の遺産の残りを九字目家に反応する代わりに、今回の後始末を依頼。

今回の事件を起こしたのが、九字間家の人間で資金は九字間の遺産。

 

このことが公になれば、九字間家の名にどれだけの傷がつくか分かったまなではない。

全部返納したと見せかけ、原川は1000万円だけ抜いていた。

ゲームの勝者である桐島彩に渡すために。

*監禁ゲームは参加者と監禁相手の勝負であり、江山は桐島を殺した(と思っている)ため失格。

片方がが失格になれば、自動的に残った者が勝者になる。

という、原川なりのルールの穴をついた終わらせ方。

 

時を同じくして、江山が退院して秋山が迎えに来ていた。

江山は「復讐は終わっていない」と言い、学校を辞めて、復讐される身となったので家族や弟に自分を殺させようとしていた。

 

実は桐島も一緒に連れて来ており、江山が桐島を自分の手で殺したと勘違いしていることを明かし、一緒に江山の迎えに来ていた。

桐島が死んでいないことを知った江山は、心の底から桐島が生きていることを喜ぶとその場を後にしようとする。

 

「イジめられたから殺して、ゼロになってこれで終わり」というのが江山の言い分だが、「ゼロに戻ったならまた1から始める」というのが桐島の言い分だった。

桐島は江山を引き止め、中学の頃から好きだったことを明かし、江山もゼロから始めるために2人は付き合うことに。

 

2学期になると、桐島の「イジメ辞めます」宣言により、江山のイジメは本人が信じられないくらいパタリと止んだ。

実は桐島の宣言の他にも、江山を率先してイジメていた谷崎の兄貴を監禁して「弟のクラスのイジメを止めさせる」ように指示するなど原川が手を回していた。

 

兎にも角にも、理不尽な殺し合いが終わり、江山と桐島は付き合って幸せになりましたとさ。

 

監獄実験を無料で読む方法

監獄実験の最終話および10巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が戦闘のヤバさと面白さが段違いですね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

まとめ

いゃ、全然スッキリしないんですけどぉ〜〜〜(笑)

自分をイジメた相手を殺して、自分を殺した相手と付き合うって、、、、

ちょっと、最後は無理あるかなぁ!!!!

 

お互いに中学生の時から好きだったかも知れんけど!!!

知らんけど、、、、って感じです(笑)

 

ですが、これにて監獄実験(プリズンラボ)最終回です。

幸せになれよ。

こんちくしょー!!!