ヤングマガジン

セブンスター(漫画 )第1部のネタバレと感想!無料で読む方法も!

約3年半も新刊が出ていないセブン☆スター。

 

「もう、あれで最終回か?」と何度も思ったものです。

メンソールは出ていますが、10巻の発売を心待ちにしている私にとってはちょっと長過ぎる(笑)

 

この記事ではセブン☆スター第1部(9巻)のネタバレについて書いてあります。

▼31日間無料&600Pですぐ読める▼

U-NEXT 公式サイト

 

親子の縁

カッツン(勝信太朗)がヤクザを辞めれるように、タクボンは築清一家の事務所に行って頭を下げるが、殴られ続ける日々。

タクボンに続き、ケンも殴られ、雄二郎が出てくると外でリキヤが待っていた。

 

雄二郎をバイクの所まで送り届けると、リキヤはその足で事務所へ行きカッツンがヤクザを辞めれるように懇願。

これに築清一家のメンバーは激怒し、リキヤをフクロにする。

フクロにされた後、リキヤは病院でカッツンの母親に会い「また昔みたいに信太郎と遊んであげてね」と言われたことを告げる。

 

そして、次はタクボン・雄二郎・ケン・リキヤは顔を腫らしたまま組事務所を訪れ、頭を下げる。

カッツンは涙を流しながら、組員にタクボンたちを殴らないで欲しいと土下座をする。

 

しかし、ヤクザの盃は重く、簡単に出たり入ったりできる世界ではないことをカッツンも兄貴分に言われる。

しかし、組員たちも4人を殴り過ぎて拳を折ったりと限界になっていた。

カッツンは築清一家が好きだったが、それ以上にセブンスター、そしてもっともっとそれ以上に母親が好きなことを組長に土下座して告げる。

 

すると、組長は親子の縁を切ってカッツンを自由にしてくれて、タクボンたちは涙を流しながら組長に感謝を述べた。

そして、カッツンは母親を見舞うとヤクザを辞めたことを告げて抱きしめられた。

 

後日、レンタさんに軽トラを借りて『カッツンの母親』と『タクボンの父親』の回復祈願に鶴岡八幡宮(鎌倉)まで行くことにした5人。

軽トラのため3人は荷台に乗り警察にバレないようにしたり、ケンカをしたりしながら鶴岡八幡宮へ辿り着く。

タクボンは皆が祈願を終えても1人手を合わせ続け、それを見たカッツンも再び手を合わせ続けた。

 

脳内麻薬

タクボンが所属するバンド『脳内麻薬』の3人揃っての久々の練習。

その合間に『ガスプ』という、歳はいってるもののロックとして骨太で最近有名になったバンドの話しになる。

 

すると、メンバー最年長のヒデちゃんがガスプのボーカルと昔からツレであることを聞き、紹介してもらえることに。

半信半疑だったタクボンとライゾーだったが、本当にガスプのボーカルであるジョージと会って酒を飲むことに。

 

すると、ジョージはヒデちゃんと元々は脳内麻薬としてバンドをやっていたこと、そしてヒデちゃんが類稀なる才能を持ちながら脳内麻薬というバンド名に拘ってデビューを蹴ったことを教えられる。

スカウトが出してきたメジャーデビューの条件は『脳内麻薬』の改名。

 

『麻薬』というワードがどうしてもダメで、ヒデちゃん以外のメンバーはメジャーデビューに目が眩んで改名した。

しかし、「ヒデジ君(ヒデちゃん)の美声以外に魅力はない」と言われ、デビューは叶わなかった。

 

また、ヒデちゃんは1人だけスカウトが来ていたが、そのスカウトさえも蹴っていた。

そして、当時の脳内麻薬はヒデちゃんの元を離れることになる。

 

タクボンたちはヒデちゃんが間違っているとも思えず、改めてヒデちゃんの美声に惚れたことを告げる。

ヒデちゃん自身も、1人でデビューするよりももっと楽しくて大事なことがあったからこそ自分に問いかけてデビューを蹴った。

 

築地移転

築地移転が確実なものとなり、ザ・フリーマンこと松田友作は都知事と料亭で話しをしていた。

カジノ運営を外国の企業に任せようとする都知事に対して、東京オリンピックを機に再び日本再生を成すことを宣言。

 

しかし、問題となるのは築地場外に住む人々による『カジノ建設反対運動』。

しかし、松田は場外ごと買い取ってカジノ客用の高層ホテルを建てることを提案。

これにより、都知事は松田の会社であるオーメンズ6に全て委任することになる、

 

レイコの店に訪れた松田は、いつもと違い心ここにあらずでボーっとしていた。

だが、店の後にレイコを自分が泊まる高級ホテルに呼び出すと、自分がこれから自分の人生だねではなく日本を変えてしまう仕事をすることを告げる。

 

すると、松田は服を脱ぎ出してレイコを無理矢理抱こうとするが、レイコは「好きな人がいる」と松田を拒否。

自由を手にしたいのなら、まずは自分を惚れさせてから抱くべきだと。

レイコがタクボンを好きなことは松田にも分かっており、もう1度タクボンに会あるようレイコに命令する。

 

さっそく、オーメンズ6は築地に住む人々の家や店を周り土地を売ってくれるように周り始める。

タクボンてちはケンの親父が営む鮨屋に来ていたが、高圧的な態度を感じて塩を撒いて追っ払った話しを聞かされる。

 

すると、タクボンにレイコから電話が入り、店に松田が来ているから来て欲しいとお願いされる。

ベースを買ってもらったお礼をするタクボンだったが、松田はタクボンに「レイコをくれ」と唐突に話しを始める。

 

しかし、タクボンにはレイコに恋愛感情はなく、喜ぶ松田。

そして、松田はタクボンに築地を潰す張本人が自分であることを告げると、キレ始めるタクボン。

そして、席の隅にはセブンスターとして仲間だった原田が座っていることに気付く。

 

築地を潰す松田にも、そんな男に惚れ込んでいる原田にも怒りが収まらないタクボン。

松田に蹴りを入れるタクボンだったが、松田は笑いながらこれをガード。

そして、原田にタクボンに対してと築地に対してケリをつけることを命令する松田。

 

店内の客を帰らせてタクボンと原田にタイマンを張らせるが、店内が無茶苦茶になり泣きながら白目で気絶するタクボン。

傍らには泣きながら座り込むレイコと、散らばったセブンスターがあった。

 

セブン☆スターを無料で読む方法

セブン☆スターの最終話および9巻のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方がケンカの迫力と面白さが段違いですね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

セブン☆スターを今すぐ無料で読む

 

まとめ

かなり先が気になる展開で、3年半もの間10巻が発売されていないセブン☆スター。

 

しかし、柳内大樹先生のオフィシャルアカウントでは。

これは、そろそろ9巻の続きが描かれるかもしれませんね。

2020年以内に10巻発売なんてなるかも。

期待しながら待つとしましょう!!