イブニング

転生したら島耕作だった件のネタバレと感想!無料で読む方法も!

本屋に行ったら、『転生したら島耕作だった件』と気になるタイトルが。

 

手にとってみたものの、実は丸々1冊が本編じゃないんですねえ。

この記事では、それらを含めたネタバレ感想について書いていきます。

 

\ 登録後すぐにポイントゲット!無料でマンガが読める! /

   

\ ポイント還元率がヤバイ!毎月お得に読める! /

 

 

前編

実は三島悟が暴漢に刺されて死ぬところまでは、ほぼ本編の転スラと一緒です。

違うところと言えば、冒頭に島耕作の夢を見るところくらいで、暴漢に刺され後輩の田村に自分のPCの破壊をお願いして、死ぬまではほぼ同じ。

 

目を覚ますと、初芝電産に勤めている島耕作に転生。

舞台は第1作目の1984年、課長だった頃。

 

主人公は課長時代から会長になっているところまで全巻読んで覚えているため、成りすますのは難しいことではない。

しかし、童貞で女性経験がないことから、鳥海赫子とは仮病を使いベッドを共にせず。

 

島耕作の本編でもあるのだが、ソラー電機へ情報を漏らしている鳥海赫子と印刷会社の専務が結託していることを突き止めるストーリーがある。

本編通り、情報漏れの件を突き止めるよう上司に言われるが、主人公は島耕作を読んでいるため犯人が鳥海赫子だということは知っている。

 

漫画の通りだと、このまま順調に社長→会長と出世していくのだが、漫画に描かれていないことをやったらどうなるのか不安になってくる。

しかし、この年に競馬で優勝した馬を知っていた主人公は、馬券を買ってお金を手にする。

すると、このままサラリーマンを続けて社長や会長になるよりも、全財産競馬にブチ混んで億万長者になることを夢見る。

 

人生設計がサラリーマンを続けることではなく、一発逆転の億万長者になることに決めた主人公は、情報漏れの件を部長に問われると少しナメた態度を取ってしまう。

 

後編

働かなくても億万長者になる方法を見つけたので、主人公はいつ会社を辞めても良いと思っていた。

しかし、この後の展開としてアイリーン大町久美子など、本編の島耕作で関係を持つようになる美女たちに会うまでは会社を辞めないことに決めた。

 

調査会社を使い、鳥海赫子や関係者を調べ上げた主人公は、鳥海赫子だけは何とか逃がしてやりたいと考える。

陽光印刷の矢部専務に証拠の写真を突きつけると、矢部は鳥海赫子の殺害を男に依頼。

 

矢部専務と密会した証拠写真を鳥海赫子に見せると、事件が明るみになる前に初芝電機を辞めるように説得。

鳥海赫子も情報を盗み出すようになった経緯や島耕作(主人公)のことを好きになりかけていたことを告白し、会社を去ることを決意。

そこに、車が突っ込んできて(おそらく矢部専務が依頼した男の仕業)鳥海赫子をかばった主人公は死んでしまうほどの重症を負ってしまう。

 

そして、目が覚めるとスライムとなった自分の姿が。

どうやら、スライムに転生した後に島耕作となった夢を見ていたようだが、ドワーフに用意してもらった部屋には本物の島耕作の漫画はあるし、 マンガ本の隙間からは夢の中で買ったはずの馬券がヒラリ。

 

転生したら島耕作だった件を無料で読む方法

転生したら島耕作だった件のネタバレでした。

でも、やっぱり絵がついてる方が面白さが段違いですね。

 

U-NEXTでは登録直後に600Point貰えるので、すぐに無料で読めるし・1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。

31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できますので、この機会にぜひチェックしてみてください!!

 

まとめ

丸々1冊『転生したら島耕作だった件』かと思いきや、転島はコミック本の1/3もないほどでかなりの短編だということを買った後に知りました。

 

残りはというと

  • マジモンの島耕作の情報流出編
  • 転スラの第1話

この2つが収録されており、楽しみにしていた自分にとってはちょっと残念なような気もします。

 

けど、転島の内容は面白いので一読の価値ありです。

しかも、マジモンの島耕作も面白かった(笑)